お知らせ

◯ 第36回わんぱく相撲三八地区大会

2021年5月30(日)に第36回わんぱく相撲三八地区大会を開催します。

わんぱく相撲大会は国技である相撲を通じ、子どもたちの心身の鍛錬と健康の増進を図るとともに、勝敗だけにこだわることなく、礼節を学び思いやりを育むことを目的として開催されてきました。

本大会は、青森県相撲連盟八戸支部並びに三戸支部が主催の「青森県三八小学校相撲春季大会」と合同で行われるものです。本年につきましては、新型コロナウイルス感染症に影響を鑑み、開催が予定されているわんぱく相撲全国大会への参加はございません。

本大会の各企画を通じ、子どもたちが地域の人々や文化と触れ合う機会を創出し、郷土への愛着を会場全体で深めて参ります。子どもたちには八戸焼記念手形を製作してもらい、郷土でしかできない体験でわんぱく相撲三八地区大会の思い出を形にして残していただくことで、大会後もまちとの結びつきを感じながら成長していただけるものと考えております。

感染症対策を徹底し、子どもたちがまちと触れ合い、多様な世代が郷土での感動を共有し合える機会を提供して参ります

<写真は過去に開催したわんぱく相撲三八地区大会>

◯ 4月定例会開催!

4月19日(月)18:30からAxisグランドサンピアにて、「4月定例会 センス・オブ・ワンダー~あの頃の感動をもう一 度~」を開催させていただきます。 「理科が苦手な子どもたちでも2時間夢中にさせたい」、そう思い続けながら練り上げてきた松延氏の講演を目の当たりにすることで、会員の皆様に「子どもたちがまちに夢中になるためのヒント」を得ていただけると考えております。 まちの宝である子どもたちが今よりもっとまちに興味をもち成長していくために、私たちにできることは何なのか?! 一緒に学びを深めていきましょう!! 会員の皆様の良き学びの場となるよう精一杯準備して参ります。当日のご参加を心よりお待ち致しております。

 

本定例会は2部構成となっております。第1部では、青少年育成委員会のメンバーが地域の育成イベントに参加して学んだことや「子どもたちのまちへの興味に関するアンケート」を集計した結果について会員の皆様と共有し、未来を担う子どもたちとまちが結びつく大切さについて考えていきます。第2部では、松延康氏を講師としてお招きし「驚きに感動する心を学ぶ」と題しご講演いただきます。講演では、子どもたちとまちが結びつくために、私たち会員一人ひとりがどのように行動していけば良いかということについて紐解いていきます。


◯ 八戸青年会議所でラジオ番組放送開始! 「ラブはち放送局」

ゲストと共にこのまちへの愛を語り合い、八戸青年会議所の活動を発信していきます。
2月から11月までの毎月第3木曜日17時30分から約10分間放送します!
FM76.5 ビーエフエムの「ゆうらじ!Hachinohe」内にて放送です。
※再放送は翌週木曜日の同じ時間です。

初回は2月18日(木)17時30分から!
ゲスト:株式会社ビーエフエム 放送局長 塚原 隆市 氏
協賛企業:株式会社イチカワファーム (八戸発のブランド牛「毬姫牛」)
是非、お聴きください!

年間を通して「再発見した八戸の魅力」というテーマでメッセージを募集しています。
その他、ご意見、ご感想等も下記のビーエフエム・メッセージフォームよりお願いいたします。
リクエスト・メッセージ フォーム (befm.co.jp)

<再放送はこちら>
2月放送 3月放送